ぽぽろぐ

 日当たりの良い台所で気の向くままに作る料理、お菓子、そしてパン。一つの品が美味しく仕上がるまあでは何度でも作り続ける主婦のラボへようこそ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< ほっと一息、和のティータイム : いただきました。 >>

パン DE いろいろ

  今日のお昼に焼いたパンです。

 
 左上から、アップルカスタード、あんパン、クリームパン。
 写真にはありませんがバターロール。

 夫と息子は、パンに千切りキャベツとゆでたソーセージをのせ、ケチャップとマヨネーズをつけて食べるのが大好きなんです。
 ただの丸いパンでも良いのですが、それではつまらないので私はいろいろアレンジを楽しんでいるつもりですが、、、。

(夫) 「なんで焼き色がまだらなのー?」
(私) 「卵を節約してるのよ、表面に塗るだけなのに1個使うのはもったいないでしょー」
(夫) 「見た目も大事だよねー」

 そう、味は完璧ですが、見た目がイマイチですよねー(笑)。

 1個の卵の、白身はパン生地に入れ、黄身でカスタードクリームを作ります。
 その黄身の、はしっこをひとつまみして、水で溶いたのを表面にぬったんですよねー。

 徹底的に使うというなら、卵の殻を洗って、薄皮をむいたあとで、カリカリ梅のびんに放り込んでもよいのですが、今日はそこまではしていません。


 息子はようやく熱が下がりました。
 38度以上の高熱が6日間続き、のんびり構えていたわたしもさすがに焦りました。
 が、しびれを切らしたところで下がってくれて一安心。

 熱の下がった息子は生意気に拍車がかかっています。
 小説から目をはなさずに、息子の話を聞いていたら、
 「えほんを読んでるかーさんの、バーカ!」だって。

 馬鹿ですと!!!

 まあ、息子をほったらかしにして本ばかり読んでいる私はたしかにちょっと、おバカかもしれません。

comments(2) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

ぽぽ : 2009/11/16 7:10 PM
 だいこんきむちさん、こんばんは。
 全く同感です。

 今日は、「ばーか、ばーか、ばーか」って言っていました。
 小学校に、こんな男子いましたよねー。

 日に日に男に近づく息子に、手を焼きそうな予感。
 
だいこんきむち : 2009/11/16 6:31 AM
確かに艶出しのために卵1個はもったいないよね。
わかるわ〜〜。
おこちゃま、熱が下がって何より。母もお疲れさまでした。

集団生活をさせると色んな言葉を覚えてくるので、母もビックリすることが多いかと思います。いいこともたくさんなんだけどね。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: