ぽぽろぐ

 日当たりの良い台所で気の向くままに作る料理、お菓子、そしてパン。一つの品が美味しく仕上がるまあでは何度でも作り続ける主婦のラボへようこそ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

十和田市現代美術館

 今日3月10日は十和田市現代美術館無料開放デー(十和田市民に限る)。
 せっかくなので息子と二人で行ってきました。

 官庁街通りを彩る「フラワーホース」、こちらは入館料しなくても観られますが、今日はいつもと違いじっくり鑑賞(笑)。

 私が一番気に入ったのは、「闇というもの」という作品。暗い展示室の中に木々が立ち並び、光が射し込んでいます。
 ドイツの森の木々をリアルに再現したそうですが、冬が終わり春が訪れるこの季節に、ドイツの冬の暗い森に身を置くのはなんとも神秘的です。
 (冬、というのは私のイメージ。小枝や松ぼっくりが多く、枯れ葉が無かったので冬のように感じました。)

 全体の感想としては、敷地も建物もすべてがアート。
 今日は無料なので入館者が多く急ぎ足でしたが、次回はしっかり500円を払って時間も心も立ち止まって鑑賞したいです。

 十和田市現代美術館のHPはこちらです。

comments(0) : trackbacks(0)

冬の十和田

 今日のお昼の気温は−1度、寒い。
 冬の官庁街通りはこんな感じです。

 ブロンズの馬は寒い冬でもパッカパッカと走ってくれそう、力強いです。
 ただいま十和田は建設ラッシュ、官庁街には市立中央病院と美術館、また新幹線開業に伴い(七戸駅:十和田から車で約30分)、市内にもビジネスホテルが建設されています。新しい人の流れが、十和田に良い流れを作ってくれることを願います。

 新幹線の駅が開業する七戸は城下町、なかなか趣のある場所です。
 最近、そば茶房 といちさんがオープンしたとテレビで観て早速いってきました。
 揚げ玉つけそば(大盛りで950円)はゆでたてのざる蕎麦に、そばの揚げ玉がトッピングされています。

 そばの揚げ玉のかりかりした食感と、鼻に抜ける香りが楽しかったです。

 
 

comments(0) : trackbacks(0)

プリザーブドフラワー 〜 デコ店長の個人レッスンです♪

 子育てサークルに通い、たくさんの方と出会うことが出来ました。
 年齢、職業、経歴も全く異なりますが、子育てという共通の任務を持つ仲間、何とも心強いです。

 昨日のサークルの後、デコ店長にプリザーブドフラワーを教わるという素敵な出来事があったんです。

 お花はもちろん素敵なのですが、お花と真っ正面から向き合うデコ店長のひたむきな姿に、なんだか心が打たれました。
 お菓子もお料理も、そして子育ても。
 真っ正面から向き合うのは、なんだか難しくもあり、そして勇気がいることだとしみじみ感じてしまいます。
 うーん秋ですねー。

 じつはこの作品、まだ未完成なんです。
 金色のビーズをちりばめて完成、ビーズは次回に持ち越しとなりましたが、もう一度レッスンを受けられるのはなんだか嬉しいです。
 輝かしいこちらの作品、我が家のリビング(あ、ちょっとお洒落に言ってみました)に飾らせて頂きます。

 デコ店長、ありがとうございました。

 デコ店長のサイトでは沢山の素敵なアレンジメントが紹介されています。
 どうぞこちらもご覧下さいませ。

comments(2) : trackbacks(0)

秋祭りの夜に食べる焼きそば〜十和田からの便りです

 今日は十和田の秋祭り。官庁街通りをうめつくすほどの屋台と、お祭りの見物客でにぎやかな夜です。気温も高いのでぶらりとお祭りにでかけたら、ぼぼが太鼓の音にくぎづけでした。
 そーれ、ドンドン。そーれ、ドンドン。こんな感じのゆったりしたお囃子。
 津軽の夏祭り、ねぷた、ねぶたとは全く雰囲気が違います。

 暗闇に山車の明かりがよくはえますね。
 
 お祭りに行ったらなんだかジャンクフードが食べたくなり、こてこての焼きそばを作ってみました。屋台をイメージしてマヨネーズもたっぷり。

 
 屋台の食べ物を見ると、「これも家で作れるなー」ってついつい考えてしまう私。
 下手の横好きの代表格です。

 

comments(2) : trackbacks(0)

浅虫水族館

 以前懸賞でいただいた浅虫水族館の入館券をようやく使うことが出来ました(涙)。
 
 水族館でいろんな魚に出会いましたが、一番気に入ったのがエイ。
 優雅に泳いでいます。

 こちらメキシコサラマンダー。

 子供の頃流行ったウーパールーパー、実は実家で飼っていました。
 伯父が市場で弟の為に買ってきてくれ、大切に育てていたら最初はピンク色だったのが大人になるに連れてまだら模様に、、、(汗)。
 後日新聞でそれがメキシコサラマンダーの一種らしいと知った時には、なんだか申し訳ない気がしました。申し訳ないって、ウーパールーパーに対してか、買ってくれた伯父に対してか、はたまたウーパールーパーと信じて大切に育てた父に対してかさっぱり分かりませんが、そんな気持ちがふつふつと蘇ってきました。

 子供の頃といえばいろんな楽しい記憶があります。伯父の店を自分の庭のように従姉妹達と遊び、売り物の焼き魚をほじって食べては平気な顔をしていた、、、。
 あの代金は母が支払っていたのでしょうか?うーん、申し訳ない。
 それに対し、従姉妹は樽いっぱいのお豆腐を手でぐちゃぐちゃにしていた、、、。
 (当時、豆腐は個別にパッケージされてはいませんでした)。
 なんとものんびりした時代の、楽しい想い出。
 出来ればぼぼも、小さいうちはお勉強よりものんびり楽しい悪ガキライフを送って欲しいです。

 さてさて、浅虫水族館は子供に優しい場所。授乳室やオムツを代える場所、靴を脱いでくつろげる場所もあります。もちろんベビーカーOK。
 我が家はぼぼのお弁当を持って出かけ、ゆっくり水族館を楽しみましたよ。

 さあ、赤子連れの皆様、水族館へさっそうと出かけましょう!
 
 

comments(0) : trackbacks(0)

十和田からの便りです〜蔦野鳥の森散策


 こちら、蔦野鳥の森でみつけたサルノコシカケ。いまならボボノコシカケにもなりそう。
 蔦野鳥の森は蔦温泉のすぐ脇に入り口があり、ゆっくり歩いて約1時間のコースです。
 今回は夫がぼぼを抱いていたので1時間30分で歩きました。

 ゆっくり歩くと、なんだか森のエネルギーを分けてもらっているような不思議な気持ちになります。
 足下にも森の恵み。

 ブナの実です。ドングリのように可愛い形ではありませんが、食べると美味しいそうです。

 風や木漏れ日が心地よかったのか、ぼぼはずーっとネンネ。もうちょっと大きくなったら自分の足で歩けるのかな?

 十和田から車で約40分、本当は秘密にしたいくらいの素敵なスポットです。

comments(0) : trackbacks(0)

正真正銘の国産鰻。生きています!

 土用の丑の日といえば鰻。でも中国産はあまり口にしたくない、、、。
 で、思い立って東北町に鰻を買いに行ってきました。
 お店の人いわく、正真正銘の国産。

 なんとその場で生きた鰻をさばいてくれました!驚き!!!
 うなぎはいけすの中にわんさかいましたよ。

 お値段は1キロ3500円。大人二人で3回食べられるので1食約600円。
 これが安いかどうかはともかく、やっぱり安全な食べ物を口にしたいと思う今日この頃です。

comments(3) : trackbacks(0)

夏の奥入瀬渓流、涼しいです。

毎日暑いですねー。昨日は蔦温泉に日帰りで出かけてきました。
さすが山、気温は26度と、十和田市内よりすこし涼しかったです。
蔦温泉では沼巡りができるんですが、最初の沼まではベビーカーがつかえるんですよ。
ママさん方、お散歩がてら、蔦沼へ行ってみてはいかがですか?
残念ながら、ぼぼを抱いていたので沼の画像がありません。
こちらは帰りに立ち寄った奥入瀬渓流の画像。
水の音、木の葉がざわざわという音。
ぼぼにはめずらしいようで、じーっと耳を傾けていました。
それになにより涼しい!

今年の夏休みは皆さんどちらにお出かけですか?
我が家は八甲田山あたりをウロウロしています。
また新しい出会いがあるかな?

comments(0) : trackbacks(0)

十和田からの便りです〜パン屋が無い?

 十和田に住んで8年目、残念なことに十和田には個人経営のいわゆる「パン屋」がありません。先日子育てサークルに行ったら、福岡から転勤でやってきたママさん、パン屋が無いのでなんと、ホームベーカリーを買ったそうです。す、すごい、、、。

 そんな私に耳より情報、三沢市にある川守田というパン屋さんのパンが市内のコンビニで手に入るんですって。
 さっそく買いましたよ、メープルクルミパン。

 甘いメープル風味とくるみがよく合って美味しい、十和田でもパン屋さんのパンが買える!!!
 コンビニエンスストアー サンコーで売られていますよ、十和田のみなさん、一度のぞいてみてはいかが?

comments(12) : trackbacks(0)

十和田からの便りです〜鯉艸郷花菖蒲まつり

 数日前にアップしたはずの鯉艸郷ですが誤って削除してしまい、もったいないのでもう一度アップします(苦笑)。

 訪れたのは7月1日(日)のこと、ちょうど満開の花菖蒲が私たちを迎えてくれました。

 園内では花菖蒲の苗も売られていて、ビニール袋に入った苗を持っている方がたくさんいらっしゃいました。庭があったら私も欲しいのですが、、、。
 種類も驚くほど豊富で、高いものは○万円です!
 でも私はベーシックなのが好み。
 こんな色もきれいですよね。


 一面の花菖蒲は和の風情漂います、外国人の観光客もうっとりと眺めていました。
 この日は偶然にも鯉艸郷20周年の茶会が催されており、せっかくなので参加しました、こちらにも花菖蒲。

 赤ちゃん連れが目を引いたのか、お茶の先生が心をかけてくださり、私たち夫婦にひょうたんとおしどりの茶碗でもてなしてくださいました。
 「旦那さんは元気で仕事に精を出してください、奥さんは夫婦仲良く。」とのメッセージが込められているそうです。
 花菖蒲で癒やされ、お茶で心を満たされた、そんな一日でした。
 この日の出会いに感謝。

comments(0) : trackbacks(0)